読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VyOS で unbound を利用する

VyOS というより EdgeOS なのだけれど。

自宅の環境はプロバイダのルータと自前ルータ(EdgeRouter)の二段構えなのだが、EdgeRouter の DNS のフォワード先はプロバイダのルータにしていた。 しかしプロバイダのルータの DNS がたまに応答しなくなったり不安定だったので、EdgeRouter 自身に unbound を立てることにした。

とりあえず以下を参考にして apt を使えるようにする。

EdgeMAX - Add other Debian packages to EdgeOS – Ubiquiti Networks Support and Help Center

しかる後、unbound をインストールする。

sudo apt-get update
sudo apt-get install unbound

ここでポート 53 を dnsmasq が listen しているので unbound の起動がコケる。 /etc/unbound/unbound.conf を適当に書き換えてポート番号を変えておく。

server:
   ...
   interface: 127.0.0.1
   port: 10053

そして起動する。

sudo service unbound restart

あとは、configure で dnsmasq の設定をする。 非標準ポートなので options で指定して、/etc/resolv.conf を見ないように no-resolv も入れておく。

set service dns forwarding options server=127.0.0.1#10053
set service dns forwarding options no-resolv
commit
save

/etc/dnsmasq.conf を見て設定が正しいか確認しておくと良いだろう。

unbound が働いているかどうかは、sudo unbound-control stats をしてみればわかる。